ブログトップ

やすらぎの家:その実現に向けて

私、楽しんでいます。



墓参に行ってきました。

友人のT子も同行してくれ、お寺で法要してもらいました。

月日が経つのが早いのか、遅いのか、よくわからない感覚がしています。

一人ぼっちの生活も一年が経ちました。


話は変わります。

昨年の暮れ、一人旅で兵庫県の豊岡を訪れた折、観光バスを利用しました。

その折、観光バス会社のアンケートに応えた結果、

実は、記憶も定かではないのですが、(ごめんなさい!)

なんと、湯村温泉の旅館の招待券が送られてきました。

さっそく、墓参の帰りにT子と宿泊をしてきました。

c0378111_21482123.jpg


湯村温泉からお湯を取ったら何も残らないなんて、

仲居さんが言われていましたが、気持ちの良いお湯でした。

お部屋に食事を運んでいただき、懐石料理をいただき、

お布団を敷いてもらい、のんびりしました。ほんとうに。

ありがとうです。

c0378111_02421624.png

翌日は、浜坂港から遊覧船に乗って、

浦富海岸の見学を予定していたのですが、

波が高くて船は出ません。それならばと、誰もいない浜で

思い思いの時間を過ごしました。

私は写真、T子は貝殻を集めていました。

c0378111_21553460.jpg
c0378111_21585976.jpg
はまえんどう、はまだいこん、はまニガナなどの花が咲いて、よい感じでした。

c0378111_22050885.jpg
c0378111_21594057.jpg














c0378111_22151769.jpg

c0378111_22041266.jpg
浜坂駅前と湯村温泉には足湯場がありました。

顔を撮らなければよいと言われ、

それならばと一枚、撮らせていただきました。


c0378111_22130384.jpg

c0378111_22142119.jpg
湯村温泉と言えば荒湯と、夢千代像。

c0378111_22162922.jpg

c0378111_22171021.jpg
帰りは、福知山線は海沿いを、播但線は山間部を走る、

浜坂、大阪間は車窓からの風景が、とても楽しめました。




c0378111_22264804.jpg
c0378111_22285802.jpg
















c0378111_22304779.jpg

c0378111_22225313.jpg



c0378111_22315605.jpg



















寂しい思いを抱きながら、同時に、

今を楽しんでいる自分を感じています。


Commented by まんぼ at 2018-05-12 18:49 x
愉しんで生きてください!!
私、楽しんでます!!なら
旦那さんもひと安心で、心残しなく、黄泉にゆけますね。
後は、hamaさんの時間。
どの様にでもできる
どの様にも使える
貴女の時間!!
Commented by まんぼ at 2018-05-12 18:49 x
愉しんで生きてください!!
私、楽しんでます!!なら
旦那さんもひと安心で、心残しなく、黄泉にゆけますね。
後は、hamaさんの時間。
どの様にでもできる
どの様にも使える
貴女の時間!!
Commented by wagamamayouko at 2018-05-12 22:18
まんぼさん、いつも温かく見守っていただいてありがとうございます。ありがたくうれしいです。ただ、今までも私の時間でした。
Commented by まんぼ at 2018-05-12 22:45 x
そうでしたね。
みんなあなたの時間。
此れからは少し、色濃く自分を出せる時間だと。
Commented by wagamamayouko at 2018-05-13 00:23
まんぼさん、こだわるようで申し訳ないのですが、私としたら、いつだって自分の精一杯で生きてきたように思うのです。だから、今までとこれからの自分のあり様が変わるという事があまりわからなくて、色濃く自分を出すという意味が分からなくて、申し訳ないです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by wagamamayouko | 2018-05-11 22:34 | 日々の出来事 | Comments(5)

10年前に構想したやすらぎの里の実現が見えてきた。試練や困難だらけ。それでも自分の思いと仲間の力に支えられて、その実現に向けてスタートです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31