ブログトップ

やすらぎの家:その実現に向けて

今時、流行らない



 

3週間前のある日、左目に黒い網状のものがへばりついて

そう見えた。ゴミかと思ったが、これは眼の外に起こったことではなく

眼の中での出来事というのがわかるまで、少し時間がかかった。

そのうち、少しずつ、ごみは消えていったが、まだある。

眼を動かすたびにそのゴミが付いてくるのがうっとしい。

飛蚊症だ。目の老化現象だ。耳が、目が悪くなるようなもの。

とはいえ、うっとしくて本も読みにく。網膜剥離でもなければよいが。

3週間もたつので心配になって新しくできた眼科に行った。

呼ばれて診察室の中に入る。

見るからに不愛想な先生。

「これ」と言って検眼用のフレームを差し出される。

やはり不愛想だ。

レンズ入れ替え、再び「これ」といって視力検査の電光板を示される。

「ここ」と指さされ、顎を置いて光を当てられる。

上、下、右、左と、指示されるまま眼球を動かす。

「こっち」と、場所を変えて、いきなり点眼され、

ひどい何の薬なんだ!15分待つように言われて

ああ、散瞳剤を点眼されたのだと初めてわかる。

15分後、再び、あれ、これ、それ、なんて指示されて

そして、「大丈夫」の一言。それで終わり。

あのぉ~、つらいのですが・・・・と言ってみるが、

大丈夫をもう一度言われる。気になっていた網膜剥離はないんだ。

状況の説明は一切なし。何の検査をしたのかもない。

心配事が解消したが、ひどい医者だ。不愛想で

私の苦痛を聴こうともしない。

今時、このような医師がいるなんて。・・・・と昔はたくさんいたけれど。

安心感もあって、外に出ると、あまりのひどさに笑えた。

インフォームドコンセントの時代に。


この暑い夏なのに、夏の花は元気。


c0378111_14020692.jpg


c0378111_14023129.jpg






c0378111_14032072.jpg














名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by wagamamayouko | 2018-07-17 16:15 | 日々の出来事 | Comments(0)

10年前に構想したやすらぎの里の実現が見えてきた。試練や困難だらけ。それでも自分の思いと仲間の力に支えられて、その実現に向けてスタートです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31